地域情報ブログ

企業2022.09.20

【企業紹介】信州を代表するサッカークラブ 松本山雅FC!

リージョナルキャリア長野の浦野です。

先日、当社HPでお知らせしましたが、この度ご縁を頂き長野県のプロサッカーチームである松本山雅FCとオフィシャルスポンサー契約をいたしました。

またヒューマンリソース・ストラテジー・パートナーとして、フロントスタッフを中心に採用のご支援もさせて頂きます。

地域への影響力の高いサッカークラブの採用シーンに携わる事ができ、本当に嬉しく思います。

今回はそんな松本山雅についてご紹介したいと思います。

仲間の集まりからプロチームへ!

松本山雅FCはどのような成り立ちかご存じでしょうか?

1965年、松本駅前にあった「純喫茶山雅」にサッカー経験者(元国体選抜選手)が集まって、現在の松本山雅FCの前身となる松本山雅フットボールクラブが結成されました。

ちなみに、山雅というクラブ名は山好きの店主が、山が優雅にみえるという事から「山」と「優雅」を組み合わせて名付けた喫茶店の名前に由来しています。

①220729_5714.jpg

2002年、ワールドカップの際にパラグアイ代表が松本市神林にあるアルウィンを拠点にキャンプをしていたところ、世界で活躍していたパラグアイ代表のゴールキーパーのチラベルトが「こんなにすばらしいスタジアムがあるのに松本にプロサッカークラブが無いのはなぜだ!」とコメントしたことがきっかけで、プロサッカークラブを作るきっかけとなりました。(アルウィンの正面玄関を入った先には松本山雅FCの歴代のユニフォームと共に、パラグアイ代表のユニフォームも飾られていました。)

その後、2012年にJ2に昇格、その後Jリーグ史上最速の記録(※2022年シーズン現在)でJ2からJ1 に昇格しています。

②220729_5715.jpg

Jリーグには実業団チームが前身であるプロチームが多い中、松本山雅FCはまじりっけのない市民チームであり、そのような成り立ちと選手の活躍やスタッフの地域活動によって、地域の人々やサポーターを熱くさせるのだと感じました。

③220729_5713.jpg
④220729_5725.jpg

長野県民を熱中させるホーム戦!

Jリーグの中でも特に地域に根付いたチームという印象がありますが、実際に松本山雅FCの応援に行ってきましたので、その際の様子をご紹介いたします!

その日は会場に隣接するヤマガーデンファンパークでホームゲームイベントが行われるとのことで、試合開始より早めにアルウィンに到着しました。

「山雅夏祭り2022」というイベントで、縁日屋台や、地元出身のタレントさんのものまねショー、松本ぼんぼんで流れる盆踊りをみんなで踊ったりと、試合を見なくても満足してしまうくらい、すごく楽しむ事ができました!

⑤IMG_0144.jpg
⑥IMG_0146.jpg

一通り楽しんだ後、スタジアムに向かうと、まず目に入ったのがスタッフの方と一緒にたくさんのボランティアが会場準備や設営に携わっていて、スタッフに指示を受ける事もなくテキパキと準備をされている姿でした。

また、キックオフの3時間以上前でしたが、若い人からお爺さんお婆さんまで幅広い年代のサポーターがスタジアムの周りに集まりサッカー談議に花を咲かせていて、松本山雅への強い熱を感じます。

スタジアムに入り席に座ってみると全体的に低めの作りになっていて、ピッチが近くに感じました。

どうやら近くに松本空港があるためそのような作りになっているらしく、実際に試合中にもスタジアムのすぐ上に飛行機が通過しましたが、そのときは試合では無く、みなさん飛行機を見上げていました!

(飛行機の写真は残念ながら撮れませんでした・・・気になる方は「アルウィン 飛行機」で検索してみてください。)

⑦IMG_0148.jpg

この日は残念ながら新型コロナの影響で声出し応援がNGでした。

聞くところによると、この声出し応援を楽しみにスタジアムに足を運んでいる人も多く、一時期、来場者数が減ってしまった事があったと聞きました。

8月下旬から段階的に声出し応援が可能になりましたが、前のようにスタジアム全体で声出し応援ができる事を願っております!

⑧IMG_0177.jpg

松本山雅を支えるフロントスタッフとは?

以上のように地域を熱くしてくれる松本山雅FCですが、最後にクラブチームを支えているフロントスタッフについてご紹介させて頂きます。

フロントスタッフとは現場(トップチームの選手や監督、コーチ)以外の活動を行う社員すべてを指します。

スポーツクラブの収入の柱は大きく分けて3つあって、スポンサー収入と入場料収入、グッズ収入です。

これらをより太く強い柱にしていくために工夫していくのがフロントスタッフの仕事で、主に以下のような担当がいます。

「営業」...スポンサー契約を得るための営業活動など

「ホームタウン活動、ファンクラブ、チケット」...自治体と連携した地域活動、ファンクラブイベント、ホーム戦当日のイベントの企画・運営、チケットの販売促進、など

「協議運営」...運営上のリスクマネジメント、レフェリーやスポンサーへの対応、試合の進行など

「広報、物販」...HPやSNSでの情報発信、グッズの企画販売など

「管理(総務、経理財務、人事労務)」...一般的な事業会社と同様

上記のようにフロントスタッフといっても仕事内容は様々です。

私たちは採用の支援を通じて、松本山雅をサポートしていきたいと思います!

がんばれ、松本山雅!One Soul!!

⑨220729_5724.jpg

転職相談会のお知らせ

「いつかは地元に帰りたい」「地方で暮らしたい」そんな方のために弊社では長野に特化したコンサルタントが長野に根差した転職支援を行っております。

「今すぐではないけれど、将来的なU・Iターンに向けてまずは情報収集から始めたい」という方からも転職やキャリア、長野での暮らしについてご相談いただいておりますので、どなた様もお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

コンサルタント 
浦野 順也

バックナンバー

企業

2022.10.17

自然豊かな長野県のアウトドア関連企業3選

リージョナルキャリア長野の中山です。 長野県の豊かな自然や山々が好きで移住を検討されている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 私の住む安曇野市からは北アルプスの山々が一望できるのですが、木々が色づきはじめ、標高の高い場所では雪化粧を始めるような良い季節になってきました。(暑さが苦手な私は、

その他

2022.10.11

長野県の教育環境について

リージョナルキャリア長野の児玉です。 長野県へのU・Iターンを検討しているけれど、子どもの教育環境はどうなの?と気になる方も多いのではないでしょうか。(かくいう私も二児の母であり、教育については興味関心があり、気になるところです。) 長野県は、小中学校は公立校が主流で、住んだ地域で入学する学校が決

転職ノウハウ

2022.09.15

30代、40代での転職は難しいのか?

リージョナルキャリア長野の太田です。 最近ご転職希望者の方々と面談していてよく聞かれる質問があります。 「37歳での転職が年齢的にもギリギリと感じていて、果たして転職できるのかどうか・・・」 といった具合に年齢を気にされる方が多いと感じます。30代、40代で新卒から1社経験の方は特にそのように感じ

転職ノウハウ

2022.08.25

非公開求人とは? ~表に出ない求人を狙うメリット~

リージョナルキャリア長野のコンサルタント、中山です。 転職活動をする中で、「非公開求人」という言葉をよく目にすることがあると思いますが、果たして一体それはどんな求人なのか、求職者の皆さんにとってどんなメリットがあるのか、そんなお話を事例と共にお伝えしたいと思います。 非公開求人は大きく2種類 非公

転職ノウハウ

2022.08.18

UIターン転職できなかった事例と対処法

リージョナルキャリア長野のコンサルタント、児玉です。 「そろそろ実家に戻りたい」「長野県へ移住したい」など、UIターン転職を考えている方は多くいらっしゃいます。しかし「せっかく転職活動をしたけれど、UIターン転職をあきらめた」「内定は出たが辞退したい」など、転職に至らなかった方も一定数います。 理

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る